勝った。賭けに(そっちか)。FC東京と浦和。お互いの長所を消しあう試合。リーグ戦で一回勝ってるからなぁ、と思ったらこれだよ‥。なんとかして点を取ろうという浦和と、なんとかして守り切ろうという東京。0−0でここまで濃い試合があったか(いやそりゃあったんだろうけどもさ)。後半半ばで「PKかな」という俺予想見事的中。4−3東京という予想は外れる。しかし凄い試合だった。清水さん解説なんてやってないでまた監督やったら?と言いつつ観る。どうもこないだのサンガの試合の解説の松田氏と違い、二人の解説が単に「サッカー分かりきったもん同士の会話」に聴こえて、「解説」としてはどうか、と思う。試合関係ねっつの。どうも解説と一口に言っても差があり過ぎるな。長谷川健太とかもう。俺じゃ全然付いていけんし。なんか、スパサカで、外国に行ってた時、スパサカスタッフにインタビューを受けたきれーなアンのねーちゃんが、サッカーの「内容」について語ってたのが印象にあって。やっぱ見た目主義の国じゃ難しいのかな?素人にでも分かるように言ってくれりゃ、また試合も深く見られて面白くなるとは思うが。まぁなんにせよ、FC東京は攻めのネタを増やす事だな。頼みの綱の石川が黒い人二人にサンドされちゃもうどうしようもないってのはな。それでサイドをダメと見切ってわざわざ分厚い正面に突っ込んで行くのは無謀。中央で持ってる時にサイドにいい感じにフリーの選手がいたのになぁ、と、何度か歯痒い思いをしました。もっと色んなクロスを放り込んで、壁の反応を見るのも良かったかも。でもやはり守備意識が高過ぎて上がりが遅かったもんな。浦和もいい攻めをしていたが。起承転結で言う所のケツ、FWが今日は頼んなかった。まぁ、勝負出来るスペースを与えなかった東京の勝ちか。セットプレーをことごとく無駄にしていた様な。過密日程は良くないな。なびすこすこは、勝てば勝つほどリーグ戦辛くなっていくという不思議なもの。コンフェデっぽい位置か?まぁ、長谷部の凄さは分かりました。ド素人の僕でも。あれで20だってどう思う?五輪では監督の猫かわいがりで今までの貢献を無にするようなリストラ勧告を受けた啓太キャプも(俺の中では小野なんかより未だにキャプ)恐ろしい位の動きをしていた。いや、みんな凄かったが。それらをことごとく跳ね返したもんな。人海戦術。トロフィー貰って喜んでる位置の辺り殆ど赤色だったのにな。面白かったです。土曜日はゆっくりセレッソ観て、サンガ観てってしたかったのにね。今日の休みの所為で出勤です。寝たい。